ブラインドタッチの鬼と呼ばれた

まったくうら若き独身の一部分、WEBにはまって行き着いた店頭がは無し。
仕事してなくて暇な形勢、粗方同じ仲間が出入りやる、居心地のいいはなし客間の当たり前となっていました。
近頃思うと完全に禁断症状以外の何物でもないのですが、PCの予行でお天道様がな日毎、自分がいなければソリティアして待ち受け、自分が来たら知り合いだろうが一見さんだろうが何もかも越し続けた結果、大勢のときはブームに置いて壊れないみたい&複数の操作の流れがひとりひとり転じる前に言いたいことを当たる系、一見さんは逃げ出せる前に問い合わせなどしてさすが留まって貰う=話し相手になってもらえるみたい、必死にキーボードを叩いていう見返り、タイピングの速度はザクザク上がっていきました。
とある当たり前仲間曰く「酔ってるときはタイピングのスピードで牛耳る。鬼のようにすばやい。手早いかつ確か」。
普通に考えたら酔うといった遅くなりそうなもんですが、私の場合は指先のリミッターも逸れてたんでしょうか…。
確かに酔ってるときは、酔いにて転換不手際が伸びる不安をやたら意識して、不手際タイプを猛烈に探究して直してた記憶は生ずる。www.cyber-hospital.org.uk