ペチュニアを長く楽しむ方法

春から秋にわたって、長く咲いて得るペチュニアはガーデナーにとりまして欠かせない花の一つでもあります。そのペチュニアは買ってきて、ただ植えるだけでは長く楽しめません。ちっちゃな方法が入ります。それは、ほんとに買ってきたポット苗を鉢に植えた際に、悔しいのですが咲いて居る花、蕾を積んで仕舞う。これを摘心といいます。葉っぱだけのうら寂しい流儀になるが2,3週間もすればまた時として花が咲きだします。摘心は枝サイクルが現れるための監視で、これをすることにより花サイクルも増えます。
ペチュニアは肥料を親しむ植物なので、液肥を加えるという次々成長してくれます。間もなく株流儀が大きく、花を色々咲かせてくれます。ただ、ここでいまいち方法があります。ペチュニアは雨にないので、梅雨入り頃に半分くらいの高さに切り戻します。その時に葉っぱの付け根を残すように下回ると、次の芽が出やすくなります。こうすることで、梅雨にかけの蒸れを防ぐことができます。花やつぼみを切ってしまうのが最高歯がゆい気がするのですが、この監視を講じるパフォーマンス、徒長する事なく秋まで綺麗に咲いてくれて長く楽しむことができます。pc ま x